アメリカ企業のインターンシップ動画がおしゃれすぎる!その①

インターンシップ先進国アメリカ。

日本よりも早くにインターンシップが発展したアメリカでは、多くの学生が夏休みなどの長期休暇を利用して、ボランティアやインターンシップに参加しています。インターンシップを受け入れる企業が多く、学生も長期休暇を利用して積極的に参加します。主な理由としては「スキルを身に付けるため」「単位がもらえるため(必修の場合もある。)」「就職活動の際に有利になるため」というものです。

今回はそんなインターンシップ先進国アメリカのイケてるインターンプロモーション動画をご紹介します!

見るととにかくワクワクして参加したくなる!そんな珠玉のインターン動画たちです。

①Google

言わずと知れた世界的IT企業、Googleです。

②LinkedIn

ビジネス版Facebookとして有名なLinkedIn。

③Juniper Networks

通信キャリアや企業向けルーターなどを開発するJuniperNetworks。

④OracleDirect

コンピューター用のソフトウェアを開発するOracleDirect。

 

以上です。

簡潔に表現すると全体的にアメリカらしいですね!

日本のインターンシップ映像よりも“ワクワク感”が出ている気がします。

その②はこちらから。

関連記事